2021年3月1日月曜日

 

コラム206 <私は臨床体験派 その①>

  住宅の仕事をしていると、確信をもって判断できないことが色々ある。身をもって体験していないことがらについては、なおさらである。その時はどうするか。できることなら身を張って体験してみたいところだ。そのように考えて試みたことがいくつかある。それをここに思い出すままに挙げてみようと思う。

       蛍光灯と白熱灯・LED

 今はLED時代だが、蛍光灯全盛時代に我々は白熱灯にこだわり続けた。電磁波の問題もやゆされた。蛍光灯にだって白熱灯色というものがあるにはあるが、ガラスの色だけで解決する問題なのか……
 そこで私はこの二点をそれぞれ朝まで点けっ放しで寝てみた。結果は蛍光灯の方は目がはれぼったくなり、めざめの気分が不快であった。一方、白熱灯の方はそんなことはなかった。調光器(明るさを調整できるスイッチ)で薄明りにして眠るのも、夜トイレに起きたりする時の安全性という意味でも、安眠という意味でも白熱灯の方が良好だった。さらにLEDの出始めた頃、同程度の明るさ(コードペンダント)の下での食事やフルーツ等、どちらがうまそうに感じるかを実験したが20人中18人が白熱灯に軍配を上げた。蛍光灯とて同様である。食物だけでなく、食卓を囲む人の顔の色や表情までが白熱灯の方がよく見えるという結果であった。現在はもうLEDの時代となり白熱灯の照明器具そのものが絶滅気味だが、限りなく白熱灯色に近づけようとする開発努力が実って、LEDも白熱電球にほぼ近いものが売られるようになっている。LEDをつけっ放しで寝たことはまだ無いから目ざめの気分については不明である。

 

      エアコンと八ヶ岳山中の同一温度は同じか

ある年の8月、八ヶ岳の山小屋で暮らしていたら急遽、大阪と福岡に飛ばなければならなくなった。その頃はまだ松本空港から大阪の伊丹空港便があったから車で松本空港まで行き、飛行機に乗った。山小屋は8月といえども室温が24度を上まわることはまずないし、朝夕は21度位に、日によっては15度位にまで下がり暖房をつける時がある程だ。こんな山の生活からいきなり、1,2時間で大阪の35度前後の生活に飛び込むのである。眠れないのは勿論である。そこで、私はいいことを思いついた。つい昨夜まで21度生活をしていたのだから、同じ室温で眠るのが一番自然だろうと考えて、エアコンを21度に設定して休んだ。だが眠れない。山小屋は涼しいという感じだが、エアコンの同温度はまろやかさに欠け、鋭角的でイタイタしい冷たさだ。これも慣れの問題か、と二日三日と21度のエアコン生活を続ける内に完全にグロッキーになった。その分野に関係している人間達にも聞いてみたが、この原因はいまだに判らない。湿度の問題だろうという人もいるが、そんな単純な問題ではないというのが私の実感だ。暑くとも汗が出ない。完全に自律神経失調気味になった(今でいう熱中症の逆のようだ)。その後大阪から福岡に飛んだ。三日間の滞在であったが、暑さこの上ないのに屋台のラーメンでも食えば汗が出るかと替え玉まで食べたら、益々気持が悪くなって打合わせを済ませて、すぐ宿で横になった。
 この時思った。自然の中の21度とエアコンで人工的に作り出される21度は根本的に何かが違う。空気の質と言ってしまえばそれまでだが、空気の質とは何だ?と聞かれると明確には答えられない。単純に湿度の問題なら技術でカバーできるだろうが、そんなことだけではなく空気の成分分析をすると、きっと分子構造が大きく違っているに違いない。その後、エアコンや物理の専門家に問うてみたが素人の予想の域を出ない解答しか得られなかった。人間あまり驕(おご)るなよ。自然は圧倒的に偉大なのだ。それを人間の考え出す科学技術で何でも補えると思ったら必ずしっぺ返しをくらう。臨床派住宅設計者として、身体を張ってきた私はそう断言する。 

 

2021年2月22日月曜日

コラム205 <薬 ②>

 

 記されている薬の説明書を読むと、効能より副作用の方がはるかに多い。その副作用のためにまた薬が加えられるから、素直にこれ式でいけば際限なく増えていくことになる。それぞれの薬の副作用は記述されているが、三種以上も混合された場合の複合副作用については医師や薬剤師にも判らないことが多いと聞く。判らないことが多い、ということは判らないということだろう。

 

 私の経験からいうと、こちらから申し出ない限り出される薬は減らないということだ。明らかに副作用が強い場合にははっきり止められるが、どんな程度かはっきりしないことがほとんどだ。少なくとも医師の判断でもう必要ないでしょうと言われて減ったことは一度もない。素人ながらに考え、こちらから申し出て減った薬は以下のものである。

      糖尿(インシュリン)

 ある日食卓テーブル仲間(4人)の内の一人が〝インシュリンを長くやってるのは体にあまりよくないらしいね〟と言ったのがきっかけである。そもそも4人が4人共、毎朝シャツの裾をめくり上げて注射(インシュリン)を打たれている姿は格好いいものではないし(中にはデブッチョもいるし)、〝このテーブルは麻薬患者の集団みたいだな…〟と言って笑い合った。そもそも私の血糖値は見舞いに持ってきてくれた団子だの、饅頭(まんじゅう)、それに糖度の高い果物を食べた後が高い位で大したことはなかった。

      血圧を下げる薬

      鬱になりにくくする薬

      便通をよくする薬(マヒによって腹筋力他が低下するから、ほぼ全員に出されるようだ)

 

極力薬を少なくしたい旨を医師に伝え、自分なりに知った代用となる食品で対処したいと申し出てOKがとれた。

①については、うまい!といって饅頭などををパクパク食べないようにし、

②については、黒酢ニンニク、黒ニンニクを毎日食べるようにし、

③は体が自由に動かないのだから、多かれ少なかれ皆ウツウツしている。だが、〝私は音楽を聞いたり、読書をしたり、文筆したりするから薬が必要な程にはならないと思います〟と申し上げ、

④についてはキノコ(特に舞茸がいいらしい)、キウイフルーツ、オリーブオイル、野菜サラダ、チーズ、ヨーグルトを食するようにすることで合意が取れた。できることなら、これが一番自然なことである。

については鹿教湯病院の主治医だった院長先生が、〝脳卒中(脳出血や脳梗塞など)を起こした直後はどうしても血糖値が上がるからね。高橋さんは元々は糖尿病ではなかったと思いますよ〟と言ってくれたので、これでスッキリした。おおらかな良い先生だった。

 

 

 

 

2021年2月15日月曜日

 コラム204 <薬 ①>

  
 高齢者ともなれば保険の自己負担割合が低くなるからくれるだけもらってきて、長年の経験で大して効かないと判っているから、ゴミ箱にそのままどっさり捨てているような人をこれまで幾人も見てきた。自分の懐(ふところ)はそんなにいたまなくとも、これも税金の無駄使いに違いはない。

 私も二カ月・三カ月単位でもらうことが多い。居場所が本部、山小屋、冬期リハビリを兼ねての入院生活と数カ月ごとに変わるからである。その量たるや、見ただけで〝こんなに大量に薬を飲んで大丈夫かい?これだけで病気になりそうだ!〟というのが第一印象だった。しかも不思議に思うのは病院が変わっても最初に運び込まれた病院で処方された薬とほとんど変わらない。医師によって判断や見解が違ってよさそうなものだが、しかも、左半身のシビレに関していえば段階的にひどくなるばかりで一向に快方に向かわないまま三年近くも続くと、これは医師の責任逃れのように思えてくる。


 

2021年2月8日月曜日

 

コラム203 <戦争>

  人間は残酷な戦争をいつまで繰り返すのだろう。地球が、人類が滅びるまで永久に止(とど)まらないのだろうか。今日の言葉で言えば、憎しみ・悲しみ・惨酷・悲惨のクラスター,パンデミックを生むだけで、いまだ恒久平和を生んだことがないというのに……

 第二次世界大戦では日本人だけで300万人が死んだという……この悲しみと苦しみの拡がりはどれ程埋めがたいものであったろう。この美しい自然に恵まれた奇跡の星・地球上で兵器を開発する科学技術者達は人間を殺すための高度な殺戮兵器を、どこまで開発し続けるつもりなのだろう。

  そんなことを思いながら寝ついた。一夜が明けて障子越しに朝陽が差し込んできた。障子越しに野鳥達の囀(さえず)りが聞こえてくる。枝から枝へ飛び交う影が明り障子に映る。枯枝に残る木の実でもついばんでいるのだろうか。
 野鳥達は兵器を作ったり開発したりはしない。残酷も悲惨もつくったりはしない。神様が作ったままに、期待したままに生きている。これが平和というものではなかろうか。



2021年2月1日月曜日

コラム202 <カラスがトンビに恋をした?>

 毎夕方4時を過ぎた頃から、病室から見える西の山林の上の方から
  トンビが一羽 ヒューッ、ヒュルヒュルヒュル……
  カラスが一羽 カァカァカァ……
 そのかけ合いが寒い日も雪の日も続く。
余程気の合った仲間どうしなのだろう。姿は見えなくとも幾日も聞いていると、それだけは判る。

 そのうち、こう思うようになった。
ある日カラスがトンビの声に魅せられて、気の合ったトンビに
〝私もあんたのように美しい声で鳴きたい。鳴き方を教えて〟とお願いした。
気のやさしいトンビは、毎日夕方には陽の沈みかけた西の林まで飛んでゆき
〝こう鳴くんだよ、ヒュー、ヒュルヒュルヒュル……〟と懸命に教える。
カラスは懸命にそれをまねようとするのだが、それでもやはり
〝カァカァカァ〟
私にはそのように聞こえる。

 暗いニュースの多い中、何はともあれ、互いの違いを認め合って仲よくするのは皆の心を和ませる。


2021年1月25日月曜日

 コラム201 <気力とは>

気力とは滲(にじ)み出る清い湧き水の如し。
水脈が切れぬ限り、長い距離と期間をかけてとうとうと湧き出ずる時もあれば、岩清水の如く岩と岩の間から細々と滲み出てくるような時もある。枯れたかに見えても、また復活する時があるかもしれない。

 無理をしないことだ。岩くぼみに水が溜まるまで焦らずに待つことだ。

 気力とは気の流れの如し
湧き出ずる岩清水の如し
たとえそれが滲むような少量の時でも
どこかに向かって流れてゆく。

 

ほんの少し岩のくぼみにたまった時には、その時やれる分をやればいい。
少量たまった時には、その時やれる分をやればいい。
大いにたまった時には、その時やれることを大いにやればいい。 

無理しなくとも、焦らなくとも、やれることは自然が決めてくれる。



 

2021年1月18日月曜日

 コラム200 <便利は忙しさを増幅するという原理>

  持たない、と決めていたケータイ電話を持つ羽目になった。入院して掛けるも受けるもできなくなって持たざるを得なくなったからである。掛ける/受ける、と着信履歴/発信履歴がやっと使いこなせるようになったと思ったら、auから〝あなたのケータイはタイプが旧くて数年後には使えなくなります〟と通知が来た。どういうこっちゃ!こちらは何も困っていないし、これで十分だというのに……。勿論便利といえば便利にはなったがその後、確実に忙しさも増した。生活のリズムが確実に気忙(きぜわ)しくなった。ケータイを一定の場所に置いてそこにじっと座っている訳にはいかない。特に片マヒの私には室内の移動も大変である。ベッドに横になっている時などは起き上がり、装具を付け、クツを履いて、あっちへヨッチヨッチ、こっちへヨッチヨッチ、ケータイにたどり着いた頃には切れてしまうから、また掛け直さなければならない。 

 便利になればその分、時間も浮いて忙しさから少しずつ解放されそうなものだがそうはいかないのには原理がある。例えば、私は秋田県の湯沢市に生まれたが、小さい頃には東京まで寝台特急で9時間程度かかったものだった。それが、今や新幹線で3時間で着くようになった。ここで浮いた6時間はどう使われているのだろうか。ゆっくり本でも読み、音楽など聴いて感動などしていられるか?せめても昼寝でもして休息に当てられるかといえば、そういう訳にはいかない。大方浮いた6時間をせわしなくなった社会のリズムの中でさらに新しい仕事で埋め込んでいく。これが便利になればなる程、さらに忙しくなっていく原理だ。秋田銀行に勤めていた義兄の時代は仙台に出張となれば、一泊して帰るのが当然だったそうだ。その息子が今同じ職についているが一泊どころではない。用を終えたらそそくさと日帰りである。ある大手出版社の営業マンも同じようなことを言っていた。地方の書店まわりをする時は一泊して、店長はじめ仲間達と一杯やりながら色々雑談に花を咲かせたものだという。私が思うにその雑談の中にこそ、大切な人間模様が生まれ、知恵も人間関係も育まれていったものではないかと思う。便利に注意せよ!多忙に注意せよ!気忙(きぜわ)しい生活の中からは、特に人間的なものは何も生まれないのだから……。これまでのコラム(コラム122、コラム156)で何度か〝忙とは心を滅(亡)ぼす意なり〟と書いてきた。このことを自覚している人は意外に少ないのではないか。その忙と便利は密接に関係している。