2022年1月17日月曜日

 

コラム252 <勝蔵叔父の想い出———①>

 

 私の父方は高橋家、母方は近藤家という。
 高橋家の方は先祖に日本画家や寺社建築の彫り師などがいて、その作品は少ないながら今も遺っているが、私が生まれた頃には本家は写真館であった。
 父の兄に当たる本家の伯父と私の父とがその写真館を営んでいた。加えて本家の伯母と私の母はとても仲のよい姉妹であった。常に弟子と女中さんがいて、皆仲がよかった。小学校3年の時に父が独立して隣り町に写真館を作ったから、私も同時に転居・転校しているが、その頃本家に居たお弟子さんや女中さんのことは親しみをもって今でもよく覚えている。その後の交流も親密であったからなのであろう。
 今振り返れば高橋家の方は概して知性的な人が多く、世にいう優秀な人が多かったように思う。

   一方、近藤家の方は高橋家とはだいぶ毛色が違って、極めて個性派、野生派揃いであって、家督は長男へ、とすんなりとはいかなかったようで、一番年下の勝蔵叔父が家督を継いだ。

 その叔父は酒の一升瓶を空にしてそれを枕にしないと眠れないんだなどと言っていたことがあった。真偽のほどは判らないが、豪快な酒飲みであったことは間違いない。しかも酒に強かった。50才位のことであったろうか。さすがに内蔵をあちこちいためてドクターストップがかかったが、酒をやめて長生きなどしても無駄だとばかりに酒を飲み続けて、長生きした。

高橋家も近藤家も共に本家は秋田県湯沢市内にあって、両家はそう遠くない。それ故私はどちらの家にもよく遊びに行き、いとこ達ともまるで実のきょうだいのようにして育った。おじやおば達にもかわいがられ、かなりの年令に達するまで親戚における私の呼ばれ方は〝修坊〟〝修ちゃん〟であった。

 姉たちも親戚も74才になった今も未だにそう呼ぶ人が多い。小さい頃はこの私も余程かわいかったのであろう。きっとその残像が、今もそう呼ばせているのである。



2022年1月10日月曜日

 コラム251 <ダライラマ十四世の人気の秘密>

    〝大きくなった家  小さくなった家族
    高まった利便性  なくなったゆとり
    増えた薬     損なわれた健康
    伸びた利益    薄まった絆
    これが私たちの時代だ〟
            ———ダライラマ十四世:「現代の矛盾」より———

  大きな社会問題を軽々と言葉にして、しかもどこかユーモラスだ。ユーモアとは心の余裕である。この辺がダライラマ十四世の人気の秘密なのだろう。
 併せて、あの人懐(ひとなつ)っこい風貌は私だって親しくなれそうな印象だ。
 個人的にはもうすでに亡くなられたが、職人の粋というものを色濃く身につけていた北澤建設の元会長(住まい塾の賛助会会長も務められた)北澤一丸(かずまる)さんにどこか似ていることもこのように感じさせる一要因になっている。 

 いかに深刻な問題を抱えていようと、我々にもそれを躱(かわ)せるユーモアがないとね。
 しかめっ面してるだけじゃ、何も解決しないしね。
 我々にできることは徹底してやる。まかせるところは天におまかせして、気軽にいこうぜ、共感の人の輪を楽しみながら……。
 世の中、苦しいことばかりじゃないし、気分の悪いことばかりじゃ決してないのだから……。



2022年1月3日月曜日

 コラム250 <仕事を通じての私の念い>

  私は自分の創り出す住空間を通じて、縁ある人々に幸せを与えたいという思いで仕事をしてきた。そのためにこそ住空間は人々を豊かな気分にするものでなければならない。
 しかしこの思いはいつでも成功するとは限らない。人間の相性、求める価値観、感性においても、めざす志においても重なるものが無ければ成功しない。
 それを私は人間どうしの共感関係と呼んできたのである。
 さまざまな人間の集合体がやることだから、時に行き違いがあったり、住まい塾の仕事は職人の手技によるところ大だから、出来、不出来の問題も生じる。自然素材を使えばその時々の天候状態の影響も受ける。

  上に記したような共感関係に強いものが無ければ、生じた問題に対して皆で力を合わせてどう解決していこうか、というよりも即クレームあるいはトラブルに発展する。
 最も無念に思われる瞬間である。住宅がクレーム産業などとしばしば揶揄(やゆ)される所以(ゆえん)である。
 共感関係の深さと同時にお互いに人間としての徳性及び寛容さが求められるのである。一言でいえば、人間が試される一瞬である。

  幸せに影響を与える住空間とは、勿論万全ではないにしても、住む人に与える影響には想像以上に大きいものがる。
 共感関係なくしてものづくりは始まりもしないし、成立もしない。仕事として割り切ったり、いわんや商行為としてのみ考えたりする間柄では、早々に関係を解消した方が身のためである。これは当初より私の徹底した思いであり、死ぬまで続くであろう思いである。死んでから後のことは、判らないよ。