2019年12月9日月曜日


コラム142 <最近の心境>

病状の恢復が捗々しくなく、これまでになく辛い日々を送っている。くよくよ悩んでいても仕方がないので、やれることはやろうと西洋医学と東洋医学の病院での治療とリハビリトレーニング、それに自分でできる自主トレを続けているが、脳神経の病は厄介だ。見舞ってくれた人に〝一歩ずつですよ。焦らずにね〟と励まされて〝それは私の昔からの得意技だ〟と取り組んでも到底そんな訳にはいかず、途中からこの一歩ずつを十分の一歩ずつと自分なりに読みかえて努力してきた。
 退院後、御主人が経験したのであろうか
 〝恢復は、薄皮一枚一枚はぐようにですからね〟
と言ってくれた人がいて、くれぐれも焦らず、苛立たず(そう思ってもしょっちゅう焦り、苛立っている)やれることをやって結果は天におまかせの気分で生きている。かつ
  〝諦めつつ 諦めない〟
これが生き抜くことだ、と自分に言いきかせている。
ところで、この諦めるは諦観の念などと使い、仏教の悟りの境地のひとつのように思っていたが、このアキラメルとは明らめる、即ち、事の真理を明らかにすることだとある仏教者の本に書いてあったのでなるほど!と合点し、脳出血のおかげでひとつ賢くなったと思った。
これまでの人生で、これ程長期間〝自分との闘い〟を試されたことはなかった。俗に四苦八苦という。元々仏教用語で人生における八つの苦しみ(人間のあらゆる苦しみ)を表現する言葉だという。
 四苦は御存知の通り 生(しょう)・老・病・死 の4つの苦しみ、これに愛別離苦(アイベツリク)・怨憎会苦(オンゾウエク)・求不得苦(グフトクク)・五陰盛苦(ゴオンジョウク)4つを足して八苦となるのである。私は仏教に詳しい者ではないからもっと深く知りたい人には自分で調べてもらうこととして、四苦の方は調べなくともだいたい判る。かねてよりこの中の生がすっきり理解できなかった。お釈迦さんはたしかに生む苦しみ、生まれ出る苦しみと説いたと言われ、確かにその通りだと判ったつもりでいたが、私の今の気分では生まれる意というよりも生きる意ではないか、 生きる そのことがすでに苦であると捉えた方がより自然に思える。この八つの苦しみの中に人間成長の糧が含まれていて、それを生かし得てこそ人生の意味も出てくるといえるのではないか。お坊さんの説教のような話になったが病は失わせるものも多いが、真理に気づかせてくれることも多い。


2019年12月2日月曜日


コラム141 <リハビリテーション病院へは一日も早く!の意味するところ>

一般には失われた身体感覚を回復するには一日も早くリハビリを始めた方がいいということであろうし、これに間違いはないだろうが、それとは別に私の感じたところを記しておこうと思う。
 リハビリテーション病院は病状に一段落ついた人がリハビリのために行く専門病院であるから、病院の役割が限定的な分、急性期の病院によりもはるかに人も院内のリズムもゆったりしていて、私にとってはそれが何よりもうれしいことであった。
 忙しい、慌しいとは 文字通り 心を亡ぼし、心が荒れる意であるが、その辺が大きく違って忙しいには違いないのだろうが、煩しさの度合いがゆるい分、看護師はじめ職員も一体に対応が親切で優しいものとなった。私にはこのことがリハビリテーション病院に一日も早く移った方がいいといわれる第一の理由であると感じられた。
 皆それぞれに大変には違いないが過度な苛立ちが少ない分、リハビリのトレーナー(セラピスト)や看護師さん達ともいい人間関係が築かれやすいと言える。長期の入院生活になる訳だから、これはとても大切なことだ。
 勿論、理学療法士や作業療法士としての、プロとしての技量の差も病院や人によってかなり大きいのではないかと思う。詳しくは知らないが、理学療法士(PT)とは歩く方のトレーニングが中心で、作業療法士(OT)とは日常生活上必要な作業、例えば着替えたり、トイレに行ったり、ボタンのかけはずし、タオルの折り畳み、上級になれば、入浴や料理などまで広がるが、主に腕や手、指のトレーニングが中心となっているようだ。マヒして動かぬ分どちらのリハビリも疲れるが、歩く方よりかえってOTのトレーニング後の方がぐったり疲れるのが最初の頃は不思議だったが、作業療法の方が脳神経をだいぶ余分に使うせいだとだんだん判ってきた。
 私の場合、歩く方よりも一層、肩・腕から指先までの動きの回復がさらに捗々しくなく、それに強烈なシビレが加わって、根気強いトレーニングを必要としていると感じる。

 こんな風になってみてはじめて痛感するが、指先での細やかな手作業などは、全く奇跡的なことに思われる。歩いたり走ったりその他普通に動けることがすでに大いなる恵みであり、これに才能と訓練が加わって人並以上に優れたものが作り出せるようになるとか、すぐれた能力を身につけるなどは、自力の世界でのことのように思われていたが、全く他力の世界の中での奇跡であると思うようになった。