2021年1月18日月曜日

 コラム200 <便利は忙しさを増幅するという原理>

  持たない、と決めていたケータイ電話を持つ羽目になった。入院して掛けるも受けるもできなくなって持たざるを得なくなったからである。掛ける/受ける、と着信履歴/発信履歴がやっと使いこなせるようになったと思ったら、auから〝あなたのケータイはタイプが旧くて数年後には使えなくなります〟と通知が来た。どういうこっちゃ!こちらは何も困っていないし、これで十分だというのに……。勿論便利といえば便利にはなったがその後、確実に忙しさも増した。生活のリズムが確実に気忙(きぜわ)しくなった。ケータイを一定の場所に置いてそこにじっと座っている訳にはいかない。特に片マヒの私には室内の移動も大変である。ベッドに横になっている時などは起き上がり、装具を付け、クツを履いて、あっちへヨッチヨッチ、こっちへヨッチヨッチ、ケータイにたどり着いた頃には切れてしまうから、また掛け直さなければならない。 

 便利になればその分、時間も浮いて忙しさから少しずつ解放されそうなものだがそうはいかないのには原理がある。例えば、私は秋田県の湯沢市に生まれたが、小さい頃には東京まで寝台特急で9時間程度かかったものだった。それが、今や新幹線で3時間で着くようになった。ここで浮いた6時間はどう使われているのだろうか。ゆっくり本でも読み、音楽など聴いて感動などしていられるか?せめても昼寝でもして休息に当てられるかといえば、そういう訳にはいかない。大方浮いた6時間をせわしなくなった社会のリズムの中でさらに新しい仕事で埋め込んでいく。これが便利になればなる程、さらに忙しくなっていく原理だ。秋田銀行に勤めていた義兄の時代は仙台に出張となれば、一泊して帰るのが当然だったそうだ。その息子が今同じ職についているが一泊どころではない。用を終えたらそそくさと日帰りである。ある大手出版社の営業マンも同じようなことを言っていた。地方の書店まわりをする時は一泊して、店長はじめ仲間達と一杯やりながら色々雑談に花を咲かせたものだという。私が思うにその雑談の中にこそ、大切な人間模様が生まれ、知恵も人間関係も育まれていったものではないかと思う。便利に注意せよ!多忙に注意せよ!気忙(きぜわ)しい生活の中からは、特に人間的なものは何も生まれないのだから……。これまでのコラム(コラム122、コラム156)で何度か〝忙とは心を滅(亡)ぼす意なり〟と書いてきた。このことを自覚している人は意外に少ないのではないか。その忙と便利は密接に関係している。

2021年1月11日月曜日


 コラム199 <この小さな島国に原発54基?———その② >

 

 むずかしいことを多く知って中途半端な専門家まがい、知識人まがい、もの知りまがいになって、結局何も行動しないよりは、基本的なことを知って何か行動した方が意味がある———これは私の若い頃からの考え方だ。コラム198の二冊に続いて読んだのが、原発に関連した岩波ブックレット6冊である。

 ①      今こそエネルギーシフト          岩波ブックレット 810
 ②      取り返しのつかないものを取り返すために    〃      814
 ③      福島原発震災のまち              〃      816
 ④      ドイツは脱原発を選んだ               〃      818
 ⑤      原発への非服従                〃      822
 ⑥      さようなら原発                〃      824

 

 今の総理大臣の出身は私の生まれ育った町と同じ秋田県湯沢市だそうである。以前は湯沢市と秋の宮(村だったか町だったか)は別の町だったが、合併されて今は同じ湯沢市となっている。秋の宮には私の建築の師匠白井晟一が設計した秋の宮村役場があり、近くには稲住温泉、雄勝町役場もあって、縁(ゆかり)の地でもある。もうしばらくして、体調・気調が戻ったらどうにも解せない問題を整理して一国民、一同郷人として、直訴状を出そうと思っている。田中正造の時代とは違うから幟(のぼり)を立てて迫る訳にはいかないだろうが、秋の宮では今、初の総理大臣誕生ということであちこちに幟が立っているらしい。皆、福島原発のことばかりを問題にしているが、それさえももう関心が薄れ始めている。それ以前にも危ないところ、危なかった所があちこちにある。
 福島第一原発の問題がまだ解決不能状態のまま、廃液の行き場をも失い、水で薄めて海に流すしかないといった状態にまで追いつめられているのに、前首相自らが出向いて原発を海外に輸出しようとしているなどは、単なる経済のためなのか、それ以前に人間としてあまりに節操を欠いた姿勢に思えるが、その魂胆はいったいどこにあるのか。トラブル続きの核燃料サイクル、それでも六ケ所村に長きに亘って厖大(ぼうだい)な金をつぎ込み続けて核廃棄物再処理施設をどうしても作ろうとしている真の目的は何なのか?サイクルしたところで、煙のようにどこかに消えて無くなる訳ではないから、そのあとにまた残る第二次核廃棄物はどうするつもりなのか、何か不測の事態でも起きたら、日本が亡びるだけならまだいいが、地球規模で亡びる可能性すらある。六ケ所村周辺の住民達は大型工業開発の名の元に、何せ寒村のこと故安く土地を買いたたかれ手離したが、実は今日にしてみれば核燃料廃棄物処理工場建設のためであった。バカげたことに当初あの地帯に東北電力、東京電力の手で10基もの原発が予定されていたという。何故そんな計画が立てられたものか、勿論国もかかわりを持っている。聞いてみたいことが山程ある。少なくとも国家の歩む方向を決定づけてゆく国会議員と名のつく者達にとって、これ位の基礎的歴史の事実に目を通し、これまでいかなることが行われてきたかを知っておくのは最低限の義務であり、責務であると思う。

 日本の国策には、この国をどのような国にしていきたいかという大きな夢や展望がない。おめかしして、桜でも梅でも見たい者は観るがいいが、邪念まじりで観られるよりも無心に愛でられる方が花の心はどれ程喜ぶかしれない。原発の話に話を戻せば、中曽根さん、元々あなたが火をつけたことなのだから、一応の結末を見るまでは、まだ死んではいられませんよ。

 

2021年1月4日月曜日


 コラム198 <この小さな島国に原発54基?———その① > 

新年であるから、めでたい話でもしたいところだが到底そんな気分にはなれない。地球も人類も滅亡に向かっているのではないかとさえ思われるからである。新型コロナウィルスのせいばかりではない。原発問題をはじめ人類の生きる方向に対する不安である。

この小さな島国日本に原発が54基あるという。現在稼働しているのが何基あるのか知らないけれど、また54基中何基稼働してのことであるか知らないけれど、原発の全発電量にしめる割合は約30%という。私は知って何もしないのは性分に合わないから、山中生活で〝この電力消費を30%減らしてやろうじゃないか!〟と思い立って実践したことがある。使いたい放題に電気を使って原発反対でもないだろうと思ったからである。

その時も、かしこい(時々かしこくないものもいるけれど)日本人なら〝原発を不要のものとするために電力消費を30%減らそうじゃないか!〟と国が強いリーダーシップを発揮したら十分可能なことだと思った。

私は今、車でスーパーに買物に出かけても十分歩けないから買物の方は連れ合いに頼んで私は玄関脇の椅子に腰かけて入ってくる客達をじっと見ている時がある。今回の新型コロナウィルスで、一人たりともマスクをしていない客はいないし、入口ではアルコール消毒を忘れない。この徹底ぶりを感心して眺めていた。信州人だからこんなに律儀なのかと感心に思っていたら、秋田の姉は〝秋田だってそうだってば〟と言う。これなら原発廃止のために、30%の電力削減を!と国策として具体的にやろうとしたら、確実にできると改めて確信した。

なぜ国はやろうとしないのか。〝そんな簡単な話じゃないんだよ。闇の世界に張っている根が深いんだよ〟などと判ったようなことを言う者も多いけれど、大して判っていないで判ったような顔をしている人間が多いのが一番いけない。行動を生まないからである。

 

この半年、山中で読んだ本は以前からぜひ読んでおかなければならないと思っていた下記の二冊である。

『六ケ所村の記録(上)、(下)核燃料サイクル基地の素顔』:鎌田慧著(岩波現代文庫)

私は行動を共にした訳でもないし、その場に住んで実体験をした訳でもないから、内容を解説したりできる立場にはないが、表紙の帯だけはここに記しておこう。

 

 (上)巨大開発のために土地が収奪される中で抗い続ける多くの人びとがいた。やがて核廃棄物再処理工場が村に———。寒村の百年を描く渾身の書下ろし大作

(下)使用済み核燃料再処理工場建設は何の為か?原子力開発の拠点とされた村の歴史とその人々の肉声を40年間聞き取った労作

 

 上記の二冊を私は歯ぎしりしながら読んだ。そして当時私が同じ地域に住む村民、漁民だとしたらどうしただろうかとしきりに考えさせられた。歯ぎしりし過ぎたおかげで奥歯の親知らずを二本抜く羽目になった。

上記の本を読んだ者は巨大開発だの国策だのというものは、いかに多くの村民や町民達をあざむきながら進められるものであるかを思い知らされるだろう。

 

2020年12月28日月曜日


 

コラム197 <気力はどこから出てくるものか②>

  発症後あと二か月足らずで、三年になる。やっと、やる気という意味での気力が甦りつつある。私にとっての本当の自主トレーニングはこれからだ、と思えるようになってきた。発症後半年経過したら、以後大きな回復は望めないなどという医学界の常識に捉われずに、73才になった私は淡々と自主トレを続けるだろう。そして発症後5年後にはどこまで恢復しているか改めて報告したいと思う。息巻いていた割に恢復していないという結果になるかもしれないが、生きるとはそのプロセスだから……結果は天のみぞ知る、である。

 自主トレの自分なりにの組立を考えるに、若い頃やっていたスポーツ(陸上競技やスキー)が大いに役立っていることは確かだ。病院では入院中も退院後も転ばないように、転ばないようにと再三注意を受けたが、転んで起き上がるのも経験の内だろう。特に退院後はこれまで幾度も転んだし、笹ヤブの坂を滑り落ちて大きな石に頭をぶつけ、血を流したこともあるが、大したケガもなく済んでいるのは、若い時分、柔道をやっていたおかげであると思う。転び方がうまいのである。セラピスト達はトレーニング中にケガでもされると責任問題となるから、チャレンジャブルなトレーニングをどうしても控え気味になる。だから私は最初から宣言した。
 〝トレーニング中に転んでケガしようが、私は病院の責任など決して問いませんから……〟
 こうしてセラピストとの気も合って思いっきりのいいトレーニングを随分させてもらった。1階のリハビリルームから病室のある4階までの階段を許可もなく登ったこともある。挑戦しなきゃ、楽しくないよ。
 気力とは、気質にもよる。気質とは生まれた時に身についてくるもののようであるから、簡単には鍛えられない。熱き胸(思い)と、力の入らぬ丹田では、気力はどうにもならないのである。志(胸)と気(丹田)はどこかでつながっているものかもしれない。
 もっと日常的な気分でいえば、

 Ⓐ・今日の体調は最悪であるし、ベッドに横になったまま休んでいたい……
  ・ああ、腿(モモ)の筋肉がもう限界である。こんな調子では歩けそうにない……
  ・風も強いし、空は暗いし、今日は歩きに出かけるのはよそう……
 Ⓑ・そんなことはどうでも、よ~し、一丁やったるか……!

 ⒷマイナスⒶがプラスとして残れば行動が起こせる。気力があるとは、このプラス部分が残ってこそはじめて言えるのである。自分との闘い、気力との闘いとはこういうことである。

Ⓐに勝るⒷということである。

2020年12月21日月曜日

 コラム196 <気力はどこから出てくるものか①>

 最近やっと〝がんばってるよ〟と他人に少し言えるようになった。がんばろうにも気力が出なければがんばれない。これまでもがんばってきたつもりだが、気力がないと〝がんばってるよ〟とは他人には言えないものだ。気力と一口に言うが、この〝気力〟とはどこからどうやって出てくるものか判らないし、医学の世界でもきっと判らないことだろうと思う。どうも脳や特定の内臓から出てくるものではなさそうだし、栄養を沢山とって出てくるのは体力の方であって気力とは言い難いし、歯を食いしばっても持続して出てくるものでもない。漢方では丹田が全身の精気の集まるところとされるが、これは少し当っているような気がする。スキーで〝リラックスして〟と言っても、丹田まわりも含めて腹筋の力を抜いてはギャップで飛ばされて安定した滑りが出来ないことを経験上知っているからである。 

 リハビリのセラピスト達は気力のない人(やる気のない人)にはどんな名トレーナーが付いてもどうにもならないと言う。確かにその通りだろうと思う。しかし、私の経験から言うと、名トレーナーとは専門技術が高いというようなこともさることながら、患者にやる気を起こさせる人のことを名トレーナーというのではないかと思うようになった。
 退院後の自主トレーニングの段階となれば、基本的にやる人は自分しかいなくなるから、気力の問題が大きくなるが、それでも一緒に添って歩いてくれる人、励ましてくれる人、誉めてくれる人の存在は大きい。

  私は入院中は主治医にも恵まれた。リハビリのセラピスト達にも恵まれた。とにかく、多く住宅の話を交えながら楽しくやらせてくれたのが何よりだった。退院後も多くの人々に恵まれた。連れ合いや二人の姉を筆頭に、別荘地内の友人達にもよく助けられた。自主トレの環境にも恵まれた。勿論、私が不在の間、住まい塾の活動を支えてくれた仲間達もよくがんばってくれた。
 こうしてみると、気力というものは自分の身体内のどこかで生み出されるものというよりも、もっと複雑にさまざまの要素がからんで生まれてくるもののように思われる。〝湧き所は胸〟という表現が一番実感に近い。

2020年12月14日月曜日

 

コラム195  <脳卒中(脳出血や脳梗塞など)の後遺症に苦しんでいる方々へのはげまし その① >

  脳出血とか脳梗塞などを総称して脳卒中ということすら、私は知りませんでした。脳出血などは特に一瞬にして気を失い、バタンと倒れるもののように思っていましたが私の場合は全く違いました。2018211日日曜日、午後1時からの定例勉強会のあと、ユーザーとの打ち合わせをひとつ済ませて、スタッフが用意してくれていた遅めの昼食をとり終えて、お盆を寄せようとしたら、アレッ?といった感じで左手に力が入らないことに気付きました。定例の勉強会後だったのでスタッフがまだ残っていましたし、声をかけて2階の自室に呼んだ時にはすでに左脚にも力が入らず、スタッフの山上君に左肩を支えられながらも床にへたり込みました。こうして救急病院に運ばれました。意識は自分でははっきりしていたように思います。

  あの日からもう三年近くになります。恢復が捗々しいとはいえないまでも、二つのリハビリ病院での基礎トレーニングで、一本杖で歩けるようになりましたし、多少のことなら左手も使えるようになりました。私が基礎トレーニングと書き、今日のコラムに〝はげまし〟と付けたのは、国が定める入院リハビリテーション期間は6ヵ月が最大と決められているからです。その期間を過ぎると大きな恢復は望めないとされていて、ベテランの医師程そう確信しているようです。国の定めもこの考えに基づいています。ですから、その後は別の形のトレーニング方法をとるか、どうしても自主トレーニングが中心にならざるを得ないのです。はげましとして書きたいと思ったのは私の場合、一本杖で比較的安定して歩けるようになったのも、左手の握力が10kgを超えて15kg位まで回復したのも(半年まではゼロでした)、グー・チョキ・パーが何となく出来るようになったのも、左手でボールを投げられるようになったのも(勿論下手投げですが)、左指先で動き曲がりなりにもファスナーを上下できるようになったのも、作務衣のひもをたどたどしくも時間をかけてやっと結べるようになったのも、すべて半年を過ぎてからです。ですから、〝半年〟などという医学界の常識に捉(とら)われずに、坦々と自主トレーニングを中心に励んで欲しい、というのが私からの励ましなのです。時には奥歯をかみしめて折れそうな自分の心と闘わなければならない日もありますが、これまで心が折れて自主トレーニングをあまりしなくなった人を数多く見てきました。心が折れたら回復は望めません。私はそう思って主たる病院である信州上田の鹿教湯(かけゆ)病院でもセラピスト達に〝高橋さんはこの病院でも自主トレランキング、No1だよ〟などとおだてられながら調子にのってがんばれたのです。あまり無理せず、継続して自主トレーニングをしていけば、ほんの少しずつでもできることが増えていきます。
 私の現段階での最大の難敵は左脚及び左肩から指先までの強烈なシビレです。それでも折れずに、マッサージ師の助けをかりながら毎日トレーニングに励んでいます。もうダメだ!と思って諦めかけている人々にエールを送りたいのです。私だって時々、〝こんなに沢山の人達に世話と迷惑をかけながら生きるのならば死んだ方がましだ!〟と思う時があります。他人の役に立てないまま 生きる というのは辛いことです。〝この役立たず!〟と心の中で自分に向かって自分が言うのです。 

 私の挑戦はこれからも、まだまだ続きます。きっと人々の役に立てるようになるまで……。そうならなければ、恢復を願って多大の犠牲を払ってくれている、特にまだ現役で仕事をしている連れ合いや姉に、そのほか心配してくれている多くの友人や仲間達に申し開きができないではありませんか。


 

2020年12月7日月曜日

 

コラム194 <いい人間関係を築いていくには>

 

 ・喜びの感情を伝え合うこと

 ・感謝の思いを示し合うこと

 ・相手への敬意を抱き合うこと

 人間関係を悪くするには、この逆を歩めばいい。その前提には互いに素直な感情が必要だ。人間である限り、それぞれに多少なりとも課題はある。それでも、責めるよりもずっと多く上記の感情を伝え、示し、抱き合うことだ。

  〝人間は第一に考える動物であり、第二に感じる動物でもある〟としばしば言われる。しかしそれは逆であると、ある脳医学者は言う。〝人間は第一に感じる動物であり、考えもする動物である〟……と。私は なるほど そうだ、と合点した。そうした認識に立てば人の見方も変わってくる。対処の仕方も、発する言葉も、人間関係も違ってくる。40年程前に、この山小屋を作ってくれた大工さんは毎年数回訪ねて来てくれる。世話になったリハビリ病院のセラピスト達も忙しい時間を縫って片道2時間の距離を遊びに来てくれた。うれしいことではないか。互いに上記の感情を持ち合っているからである。