2020年9月21日月曜日


 

コラム183 <人生一句 >

 

溜め息や

 蛙(かわず) 飛び込む

          ドブの中





2020年9月14日月曜日


コラム182 <器の扱いについて教えられたこと>

脳出血以来、器がうまく扱えなくなって、改めてこれまで器の扱いについて教えられたことがらを思い出さざるを得なくなった。左手及び指の動きが思うようにいかないので細心の注意を払わないと落としたり、滑らせたり、器どうしぶつけたりして、器を損じることが多くなったからである。器の扱いという面では、自分を自分で躾けてきたようなところがあるだけに余計にくやしいのである。

第一に思い出されるのは、魯山人の教えである。おそらく『星岡茶寮』における従業員達へ心得として説いたものであろうと思われるが、器と器を重ねる際には間に必ず紙を敷き込んでいたという話である。器にキズをつけたり、欠き損じることの防止という意味ばかりでなく、特に陶器類は水分を吸うから高台周辺へのカビ防止にも役立ったことだろう。
この話を聞いて以来、私自身もこれを実生活に取り入れてきた。年々古い時代の貴重な器を使うようになったということもあるが、それだけではない。器を大切に扱うこと、特に長年生きてきた器を大切に扱うことは、器に対する礼儀というものであろう。私にとっては、これが器の扱いへの目ざめと呼んでいいものだった。これによって私の器の扱いは一歩成長した。

思い出したことの第二は、かつて渋谷神谷町にあった料亭『くねん坊』の女将から教えられたことである。この頃にはすでに家庭での躾もままならぬようになって塗りもの(漆器)を金タワシで洗われてなげく鰻屋の亭主がいたり、輪島塗の座卓の上をざらついた食器を擦って卓をキズだらけにされたりする例がめずらしくなくなっていた。自然陶磁器などもよく割る時代になっていたのである。茶道が男のものでなくなり、女性の茶道人口もめっきり減ったことも一因であったかもしれない。くねん坊の女将は〝最近は器をよく欠く時代になったわねえ……〟となげきつつ、〝厨房で洗う際にも器に心を残しながら扱わないのが原因ね。他人と話しながら洗ったり、早く済まそうと気が別のところに行ってしまったような状態で扱ったりするのも一因ね〟と、器に心を残して扱うという意味での「残心」という心得をここで教えられた。以来、私はほとんど器を欠き損じることがなくなったように思う。
食及び食器文化のきわめて高い日本であればこそ、もう一度器の扱いを見直したいものである。


2020年9月7日月曜日


コラム181 <日本三鳴鳥+α> ——— その②

ウグイスは、ホトトギスなどに托卵されることがあり、これも摩訶不思議な自然の摂理のひとつである。ウグイスは全長15cm程だというのに、全長が30cm程にもなるホトトギスの卵を懸命に抱卵して温め、何せ食べるエサの量が違うだろうに生まれたヒナを必死に育てる。生み落とされたウグイスの小さな巣の中で、あふれんばかりの大きさに育ってくるのだから、途中でこれはおかしいなと思いそうなものだけれど、我が子と信じて疑わずにせっせとエサを運んで育てる。巣立つ頃には、ほぼ30cm近くになっているのだから、気味が悪いなどと感じないものだろうかと思うが、このウグイスは余程仏心深い鳥なのだろう。
 〝ホー、ホケキョ!〟と鳴くのは、それとは関係ないことだろうが、托卵する方のカッコウ科のホトトギス類にはよくよく調べると残酷と思われる巧妙な一面があって、私は好きになれない。
 図鑑には繁殖期の雄は「特許許可局」と鳴くと記されているが、私にはそのように聞こえたことが一度もない。先日、その辺に詳しい別荘地の友人に酒を呑みながらたずねてみたら、あれは〝テッペンハゲタカ〟って鳴くんだよ、というから私は〝余計なお世話だ!〟と返して笑い合った。あとで山と渓谷社の野鳥図鑑を調べてみたら、〝テッペンハゲタカ〟でなく〝テッペンカケタカ〟とあった。どちらにしても大してかわりはないか……。
 オオルリに対してはこれまで二度気の毒なことをしている。大きな窓ガラスに当って窓下で死んでいた。私の記録には、2010.5/22012.5/10とある。他の家でも一度見た。透明ガラスに周囲の樹々の姿が映るから、森と思って突っ込んで首の骨を折ってしまうのである。私はあまり詳しくないので、あるいはルリビタキであったかもしれない。以来、当り易い方にアミ戸を持ってきておくか、必要な時以外はケースメントあるいはレースをしておくようにしてからは、こうした事件は起きなくなった。


2020年8月31日月曜日


コラム180 <日本三鳴鳥+α>―――その①

日本三鳴鳥といえば、ウグイス・オオルリ・コマドリということになっている。ぜひこの仲間に入れてほしいのが、ミソサザイである。小さな体躯で、それはそれは艶(つや)やかな、美事な声で囀(さえずる)る。そのさえずりは、渓流の林間に冴え渡る。声も大きく、しかも鳴き声も長く複雑だから通常のカタカナ文字ではとても表現できない。
 体長(くちばしの先から尾羽の先までの長さ:cf スズメ14cm)は11cmと小さく、日本で最も小さな鳥のひとつとされる。その上、色も地味な茶系ときているから姿をとらえるまでに何年もかかった。見慣れたせいか、時々窓辺にひょいと飛んできて、姿を見せるようになった。子鳥達が巣立つ頃には、56羽の幼鳥を連れてやってくる。子鳥達はササヤブの中に積んである枯枝の中にもぐったり、ヨチヨチ飛びをして遊んだりしているが、その間親鳥は近くの樹の上でしっかり見守っている。人間が近づいたり、何か危険が迫ったりすると、チチッ!チ・チ・チッ!と短い警戒音を発する。するとヤブの中で遊んでいた子鳥達は、ピタリと動きを止めて、音を立てるのを一斉(いっせい)に止める。それは美事なものである。「親」とは「木の上に立って見るもの」の成り立ちを文字通り実感させるのが、このミソサザイである。あれだけの美声の持主ながら三鳴鳥に入れぬ理由は、あるいはその性状にあるのかもしれない。
山と渓谷社の『野鳥図鑑』には「雄は外装だけをつくった巣の前でさえずって雌をよぶ。巣が気に入ると雌は内装を完成させる。抱卵、育雛は雌が行い、雄は次の雌を求めて新たな巣の前でさえずる。」とある。
そこが気に入らないという人もいるが、自然の摂理なのだ。人間の私情をはさむこともあるまい。



2020年8月24日月曜日


コラム179 <八ヶ岳の標高千数百メートル付近の山間道路を走りながら考える>

皆セカセカと追い越してゆく。都会と変わらぬようなスピードで。まるでみな苛立ちながら走り去ってゆくようだ。
緑たっぷりの涼やかな道路をどうしてこうもセカセカと走って行かなければならないのか——しかも排気ガスをブカブカ吐き出しながら……この人達はこんなにもゆったりした環境の中に来ながら、どこで、どうやってゆったりするのだろう。地球の温暖化など自分らとは一切関係のない話だと思っているのだろう。地元の古老は、〝以前はこの辺で夏窓を締めて走る車なんて見ることなかったんだけどねぇ〟とつぶやいた。

 以前、〝そんなに急いでどこへ行く〟というTVコマーシャルがあったけれど、あれは名コピーだった。今、改めてそう聞かれても答えはあいかわらず
 〝どこに向かっているんでしょうねぇ……〟
位だろう。
 あのコピーからもう何十年も経つというのに、日頃のセカセカが益々身体に浸み付いて、体内リズムが振り子の短い時計のようにせわしなくなっているのだろう。

 だが、私は今はっきり言う。
 〝そんなに急いでも決していいところへは行けないよ〟……と。
 〝ゆったりした道では ゆったり走ろうよ〟
 〝散歩道では 野辺の名も無き野花の美しさでも眺めながら、ゆっくり歩こうよ〟

 今の私のようになっては、それすらできないよ。
みんな日々の大いなる恵みを大切に!


2020年8月18日火曜日


コラム178 <人間頭脳と人工知能(AI> 私のAI ——自戒の念を込めて

A
・諦めない
・焦らない
・慌てるべからず
・案ずるべからず
・愛情を受けて、情(じょう)を深めよ
・あとのない、あと一歩
・愛は平和の源泉、愛情深くあれ
・明らめるまで、諦めない

I
・急ぐなかれ
・苛立たない
・忙しくするべからず
・生きて、使命を果たすべし
・生き切ったら、思い残すことなし

AIartificial intelligence):人工知能

最近のAI(人工知能)には乱筆・乱文もなし
私の人間頭脳には乱筆・乱文に加えて、乱心まであり。
 ここが人間のおもしろいところだ。この世に生まれ出た第一の目的は、この乱心を修め、整えることだと私は教えられてきた。

2020年8月10日月曜日


コラム177 <涙―その②>

 一方、左半身にひどいシビレと共にマヒが遺(のこ)った私は多少モタつきながらも言葉は出るが、歌が以前のようには歌えない。気がきいてやさしいヘルパーの田代正史さんは入浴時間に私の得意曲を三曲、スマホでかけて歌わせてくれるが、どうも歌になっていないようだ。音程も狂っているようだし、音量も不足、ビブラートもうまくきかない。音痴というのはこういうものなのだろうなと思う———自分で歌っているつもりだが、歌になっていない———

 過日、連れ合いがスマホに高性能イヤホンのようなものをつけてベッドに横になっている私の耳に差し込み、〝一緒に歌ってみて〟と言う。いい音がする。それに合わせて歌っているつもりだが、どうもかつてのように歌っている気分にならない。そこで聞いた、
 〝歌になってる?〟こたえは、
 〝浪花節みたいだ〟とのことであった。

 おそらく同世代であろう、さだまさしのベスト盤を今日久々に聴いた。この人はきっと心根のやさしい人であろうと歌を聴きながらいつもそう思う。ベスト盤が手元に三枚あるが、一枚目の第2曲目に「道化師のソネット」という曲が入っている。そのソネットをCDと一緒に歌っていたら、ボロボロと涙がこぼれた。熱いものがこみ上げてきて、むせびながら最後まで歌ったが、どうせ浪花節調だったに違いなく、連れ合いとも仲のよかった大沢夫妻も、あの世で腹をかかえて笑いながら聴いていたに違いない。
 涙はやはり人の心の塵(ちり)を払い、一段一段、澄んだものにしてくれるように改めて感じた。