2020年6月1日月曜日



コラム167 < 知足 / 不知足 >

頂き物をしながら、御礼を申し上げるのを失念することがある。うっかりというのであればまだしも、ほとんど礼を述べる情動すら湧かないとなれば、これはもう行き過ぎた物質社会の中で人間関係―― ひいては健全な人間社会の第一条件を欠いているといわなければならない。「衣食足りて礼節を知る」が裏目に出た形だ。衣食に不自由した困窮した時代には、こんな時代になるとは予想もしなかったに違いないが、なんでも「過ぎたるは及ばざるが如し」で、足ることを知る、即ち「知足」は人間の心が平穏であるために大切な条件である。現代は足ることを知らない「不知足」だらけの社会である。これがどれ程、社会と人心を蝕んでいることか。
 我々の親の世代までは、頂きものには礼状を書くことが基本で、葉書では幾分ていねいさを欠き、電話での礼では失礼になる、といった感覚を持っていたように思う。やむを得ず電話で済ます時には、必ず最後に〝電話で失礼させて頂きます……〟とつけ加えたものだ。私の母親はまめに礼状を書く人だったから、子供達三人にその躾のようなものが余韻として引き継がれている。
母曰く、
 〝誰から頂いたか判らぬ状態で口にするものではありません〟
 だから頂き物の箱などには必ず「○○さんより載く」とサインし、「ありがとう」とまで書き込まれてあったものだ。頂いた気持は感謝の気持と言葉をもって返す―― これが返礼というものであり、人間関係の第一歩だと思うのである。礼を期待する位なら、差し上げぬ方がいいといった論法は上述したことと全く次元を異にする。こうしたことは小さいことながら人間の社会をつくっていく上で大切な一歩であろうと思われる。
 「失念」とは、仏教では「正念を失うこと」と教える。

2020年5月25日月曜日


コラム166 <うらやましい人生>

〝あなたの人生はうらやましい限りだ〟としばしば言われる。仕事は現役なのに一年のほぼ半分を山中で暮らす生活のことだ。決意あって恵まれたが、その決意も不易の要につき動かされてのことだ。当初は年の1/3位から始めたが、段階的に増やして、現在は年の半分を超えている。はじめたのは35才の頃だから、もう35年以上になる。
私には自分の人生に心がけていることがある。少しの余裕をもって生活すること。便利に染まらぬこと。そして何よりも、自分らしく生きることだ。身勝手という意味でのワガママはいけないが、他人には我が儘に生きるすすめ、などと言っている。だが、この我が儘も決意なくしてはやってこない。 
福島の川俣に「扇田食品」という、うまい豆腐屋がある。私が知った頃には高橋虎太郎さんが社長を務めていて、豆腐コンクールで日本一に輝いたこともあった。自分でもしばしば取り寄せ、豆腐好きと聞けばその人にもよく送ったりした。その人達から、また感想と感動の手紙が届く。大会社になら出しはしないが、個人規模のような店になら、豆腐を作っている人達に向けて私の元に届いた感想と感動の手紙を送る。虎太郎さんからは感謝の手紙が届く。その中には、〝朝礼で従業員達に頂いた手紙を読み上げて聞かせました。どんなにか大きな励ましになったか知れません〟と書いてあった。
私の人生に、うらやましい面が多少でもあるとすれば、そんなささやかなことのできる心の余裕を内に残しているという位のものだろう。それも生活のリズムのおかげである。
倒れている人を見かけても、〝どうしたのですか?〟と声もかけずに先を急ぎ、介抱どころではない、といった生活はやはり忙の字そのままに、心を亡ぼしていく生活であると思って間違いないだろう。こんな人が、今、どれ程多いことだろう。
そんな人生が圧倒的多数を占めるようになった日本の都市社会に生きる我々は、人間の価値に重きを置くことを忘れ、足元を流れてゆくスピードに刹那的に対処していくばかりだ。自分がどこに向かって歩いているのかも判らず、あてどなく彷徨い歩いて人生を終える。死の直前にこんなはずではなかった、と気づいてももう遅いのである。徘徊状態は、老人特有のものではなく、いまや日本人及び日本社会全体の問題である。

2020年5月18日月曜日


コラム165 <今は亡き母上へ>


わがまま放題に 育ててくれて ありがとう。

わがまま放題に 育ってしまって ごめんなさい。
  





2020年5月11日月曜日


コラム164 <ステイホーム>


カーテン開けて
ゆれる若葉に    こんにちは

2020年5月4日月曜日


コラム163 <顔を洗うが如く>

私は毎朝夕、聖書を二章ずつ読むことにしている。時には仏典の時もあるが、これを日課として欠かさない。顔を洗うが如く、心も毎日洗う必要があると思うからである。反省とは心を洗い、新しい自分に向かうことだが、なかなか理想通りにはいかない。それでも洗わぬよりは、まだましだろう。
〝あなたはクリスチャンですか?〟と聞かれることがある。
そう問われると、キリスト様に申し訳ない気がするから、〝そうです〟とは言わないことにしている。もしもキリスト教が弾圧を受けたなら、私は隠れキリシタンになるであろうし、仏教が弾圧を受けたなら、私は隠れ仏教徒となるだろう。なんとも不埒(ふらち)な存在だが、ただただ人間になりたいだけである。そのためにも、人間真理の源流に一歩ずつでも近づきたいと念うのである。


2020年4月27日月曜日



コラム162 人の心に4つあり : 再び ―― 心根のやさしさ
 
 随分前のことになるから正確には覚えていないが、どこか地方の野街道の脇の斜面に、雑草にうずくまるようにひっそり置かれた石仏か石碑に刻まれていた言葉である。相当古いものらしく、石も朽ちかけていた。そこにはやっと読める字で、こう刻まれていた。
〝人の心に4つあり〟そのあとには〝裏と表と陰と底〟と続いていた。
人の心の辛酸をなめた人が刻んだものに違いないと思われて、この言葉は私の心に鮮明に刻まれた。

 〝人の心に4つあり 裏と表と陰と底〟

2018年2月11日(日)の住まい塾東京本部での定例勉強会後に私は脳出血で倒れた。以来、一年余りの長期リハビリ生活を余儀なくされた。退院後の快復も捗々しくなく、今冬も二カ月余りの再入院をはさんでリハビリに励んでいる。
身体の自由を失えば、人の心がよく見える。最初に想い出されたのが、上記の言葉である。その他、考えさせられたことが山程あるが、左半身のシビレが強く、今はそれを整理する気力も脳力もない。
あの世に持っていけるものは心しかないと言われる。地位・名誉・財産・権力などという重た過ぎるものは持って行きたい人もあろうが、持ってはいけない。
心のとは平たくいえば、心根というものであろうと思う。4つの心のうち、持っていけるものは、究極、この心の底―― 心根だけではないかと思われてきた。
どんなに虚飾に満ちたことばよりも、どんなに美味なみやげよりも、優しい心、優しい気遣い、即ち、優しい心根というものが何よりも心のなぐさめになるということを感じ続けた。それが表情に、言葉に、眼差しに、ほほえみに表れる。何と静かななぐさめであったろうか。
献身的に尽くしてくれた連れ合いや、二人の姉は勿論のこと、主治医、看護師、介護士、リハビリのセラピスト達、見舞ってくれた多くの心やさしき人々……。そして仕事の仲間達。
人間にとって最高のもの―― それは心根の優しさにあることを感じ続けさせられた二年間であった。これからもこの実感は決して変わることはないだろう。心のやさしい人々に囲まれて生きていることは何と幸いなことであろう。病を通じて心の底を磨き、澄んだものとすることが、人生最大の目標であると神様が教えてくれたのだ。

2020年4月20日月曜日


コラム161 Less Is More

日本には世界遺産に登録されたところが沢山ある。今は新型コロナウィルス騒ぎで激減しているが、近年海外からの観光客が急激に増えている。
 数年前になるが、私の連れ合いが、かつてホームステイしていた夫婦の孫娘(マーサ)がイギリスからやってきた。滞在期間は一ヶ月というから、奈良、京都に始まり、見たいところはたくさんあるだろうに……と思いきや、本人は全くの無計画。仕方なしに世界遺産を含め、こちらで計画したところをあちこち見て歩いて、最後の頃に訪ねてきたのが信州八ヶ岳の私の小さな山小屋であった。
〝アメイジング!!〟
はじめて訪ねた異国の地で、少々疲れたこともあったろう。
沢山見た中で最も安らぎ、最も印象に残った場所のひとつがこの小さな山小屋であったらしい。青い鳥を求めて かけめぐった果てに見つけた青い鳥であった。
 「Less Is More」という言葉が頭をよぎった。多いことは決して喜びや、幸せの基準にはならない。絢爛豪華もその通り、贅沢もその通り……。
 我々は、この一事をもって人間の幸せの何たるかを悟ることが出来る。実際、食べることにさえ事欠く貧困の辛さというものもあるが、かといって行き過ぎた豪華な食事も幸福を保証するというものではない。それよりもシンプルで素朴なものでもいい、思いのこもった料理を気のおけない連れ合いや仲間達と語り合いながら平穏な中で食する―― これ以上の贅沢はない。
 以前、マーサのグランドマザーとグランドファーザーがこの山小屋に数日滞在したことがあった。日本に滞在中、最も想い出深いところだったと彼女に告げたらしい。
 「Less Is More
 これまで幾度となくこの言葉に接しながら、今回再びこの言葉を思い起こさせたのだった。 
 こうした思想(感覚)は、茶人 千利休に始まったように思っている人が多いが、長い歴史の中で多くの共感を呼んで、今日まで日本人の心の中に根付いているところを見ると、日本民族の感性の中に、この特性が深く根を張っているものに違いない。だが、日本人はこの日本民族の特性から急速にはなれていっている。
 それにしても、最近しばしば世界遺産に指定されるためにやっきになっている自治体を見かける。観光客を多く呼び込むためのがんばりならば、世界遺産指定制度の本来の目的を大きく欠いていると言わなければならない。この制度が当初めざしたのはそんなものではなかったはずだからである。